スタンド風パラメーターvita


















現在、VITA本体の販売数がとても落ち込んでいます

先週の販売数では5000台!!


まぁ、でもこれは予測範囲内なんですが

1.年末年始マイクラブースト終了
2.VITA専用新作タイトルの不作
3.(販売)シフトがVITAからPS4に移行中
4.メモリーカードがない

このメモリーカード問題がかなり深刻で今、マインクラフトを遊ぼうと思っても
アップデートファイルが約700Mあるので本体だけではかなりキツい状態になってます。


実を言うとうちもメモリーカードがないので
VITAの発注は2月からやってないんですけどね。


その分PS4本体の入荷に回しています。


週販も落ち込むのは判ってたので、販売数は想定内です。


なんか大きいゲームも無いのに夏ごろまで7000台キープする!って
過大評価してた人がいるみたいですけどね(笑


持っている方が多く、子供さんが使う故の買い替え需要が一定数ある3DSとは違い、

VITAの本体市場はもうほぼ飽和状態でこれ以上の急速な販売はもう望めないでしょう。
強力なキラータイトルが出ない限り。


VITAの今の状況はモンスターハンターポータブル3(2010年)が出た後、
ファイナルファンタジー零式(2011)第二次スーパーロボット大戦Z(2012)が出た後の
2013年以降の状況よりは酷いのは確か
フェイトエクステラCCC(2013)の発売週でもPSP本体12000台売れてましたからね。

正直な意見言わせていただくと

VITA本体はもうこれ以上の伸びしろはありません

現状の普及状況でもソフトは一定数売れますし、

乙女ゲーやADV移植、(製作費)軽めのゲーム、インディーズ市場としては
完成された市場ですけどね。












なので、
はよ後継機(発表)して下さい
時期としたら今が一番いいですよ(笑)