ハツカネズミと小鳥とソーセージ










スイッチお探しの方に問合せ頂いた時、軽くリサーチ取ってたんですが、

スイッチを選ぶ理由・・・・・・

やはり任天堂ゲームが遊べるのが大きいみたいですね。

まぁ、当然っちゃ当然ですがw


確かに今のスイッチタイトルの売れ方を見ればもう一目瞭然ですよね。


そんな周知の事実を裏付けることが先日ありました。

パパさん、ママさん、子供さん、家族でのご来店

パパさん:「すみません、スイッチありますでしょうか?」
私:「ゴメンナサイ、只今売り切れ中なんですよ、入荷のメドも立っていません。」
パパさん:「ですよね、ほら〇〇、(子供さんの名前)ここも無いってよ、諦め」
私:子供さんに向かって「なんのゲームやりたいん?やっぱスプラとかマリオ?」
子供さん:「マインクラフト」
私:「マイクラかー!すぐ遊びたいなら同じ値段で、PS4とソフト買えば遊べますよ」
   「外で持ちだして遊ぶのなら、VITA+マイクラ+メモカセットならスイッチセットよりも安いですよ!ハハハ!」
   と、冗談ぽくこういうのもありますぜアピール。


ママさん「でもスイッチの方がゲーム多いでしょう」

ここでの「多い」は「任天堂ゲーム」というのを即座に理解、

「ですね、マリカやスプラトゥーン、ポケモン・・・たぶんスマブラもいずれ出ますからね。
 そういったゲームはスイッチでしか遊べませんからね。」




接客をする場合、店員はこれくらい臨機応変さが必要(笑




うちのコメントでもいただいていましたが
「買い与えるなら任天堂ゲーム機」

これの本質がここにあるんだと思います。


任天堂ハードはサードが売れない

のではなく

ユーザーのニーズに合ったものが出ていない。


今スイッチ&PS4で何タイトルかコアゲーのマルチタイトルもリリースされ、発注書も来ていますが、
はっきり言って
ゼルダ目的でスイッチ買ったユーザーさん(約40万人)がどれくらい手を伸ばしてくれるか・・・・・
目安でしか発注していません。


なのでサードメーカーさんもこのポイントを踏まえた上での低価格で
ワイワイ遊べるゲームの投入が望ましいのではないかと思います。








ちなみにTOP画像はグリム童話の

ハツカネズミと小鳥とソーセージのおはなし

適材適所というテーマが最大限に判るお話しです。