赤木


















前回の記事で真の社会現象ともいえるDSとPSPについて書かせていただきましたが
それについて沢山コメント頂きました。

コメント

  >スト2(格ゲー)ブームもありましたね
      当時は小学生もゲーセンで格ゲーやりまくってたりスーファミ版がミリオン売ってましたね
      テトリスやぷよぷよも流行りました


ですねぇ
格ゲーブーム、パズルゲームブーム、
さらに昔にさかのぼるとドラゴンクエストⅢからのRPGブームってのもゲーム業界にありました

格闘ゲームはそのままネオジオの人気にも火を付け
バーチャファイター、鉄拳などの3D対戦格闘とさらに熱くなっていきました


テトリスから始まるパズルゲームブームも女性も巻き込む大ブームになりました
ぷよぷよなどの「対戦」落ち物パズルブームも外せないですね!
個人的にはちょっとドロドロしてるメガドラテトリス問題がなければもっと推したいブームなのですが・・・・


 


>社会現象と言えば真っ先に思い浮かぶのはドラクエですね。
 ソフトを買って帰りにヤンキーに待ち伏せされて脅し取られるドラクエ狩りかし思い浮かばないですね(笑)


社会現象&社会問題の良い例ですな。
これを境に「大作は土曜日発売」とちゃんと対策できているのでこれはアリ


前回も書いてるのですが
社会現象って「それ」だけのブームに終わらないのが
社会現象だと思います

たとえばドラゴンクエストから始まったRPGブームは
ファイナルファンタジー、女神転生、など数多くのシリーズが生れ

格闘ゲームブームは
対戦の面白さで一気に全国に広がり
チームプレイ戦、3Dなどの新たなる要素を盛り込んだタイトルなども登場


パズルも普段ゲームをやらなかった層も巻き込む大ブームとなりました





そういった意味で
現在も続いているゲーム界の真の社会現象は?

ファミコン&(スーパーマリオ)

TVゲームが革新的に認知されたタイトルです。








>フォロワーが出ない時点でブームとは言えないのでは?

    
まさにこの「フォロワー」が生れているってことだと思います。




フォロワーが生れずただの「ブーム」で終ってる物を
「社会現象」と言うから違和感を感じる人がいる。
判ります。