ニムバス




























昨日のガンダムバーサストンデモ価格ネタに沢山のコメントありがとうございます。

まー今回の件も結局

「ガンダムゲームとしてのポテンシャルを図りきれなかった仕入れ担当の悲劇」
としか言いようがないのですが・・・・


ガンダムゲームってそこらのゲームよりも売れる。だからこういった事が起きやすいんですよ。
全国1万~3万位の販売本数ならまずこんなことは起きない。

どのシリーズも10~30万売れるシリーズだからこそ起きる悲劇とも言えるでしょう。




大手の仕入れと田舎の小売とでは仕入れの仕方が全然違うと思いますが・・・
こういった大手って、ガンダムに限らず、おそらく
「ネームバリューだけで」
仕入れ数を決めてるんじゃないかと思ってしまいます

特にガンダムがそんなに「好きじゃない」方が発注している

「好きじゃない」と書くと語弊を生みそうですが、要は「ガンダムにあまり詳しくない」「ガンダムに興味ない」
方と言えばいいのかな?

だから「過去実績しか見れない」「メーカーの謳い文句」に流されがち

VITAのEXVSフォースでは
PS3のガンダムバーサスフルブーストの約30万本販売を目安にして・・・・・発注、
あんなことに・・・・


そして今回の
PS4のガンダムバーサスも、そのフォースを目安にすればよかったのに
「久々の据え置き機に帰って来たバーサスシリーズ」、
「対戦に特化!」などの謳い文句だけを信じてやっぱりあんなことに・・・・



「興味ない物は全部おんなじに見える」



これはお客さんが持っていると同時にゲームの仕入れにも当てはまります。


結局、興味ないジャンルなので目安に出来るのが
「過去実績」
「メーカーの謳い文句」

だけになっちゃうんですよ。


これはガンダムゲーム全体にも言えますね。

「ガンダムブレイカーシリーズ」
「Gジェネレーションシリーズ」
「ギレンの野望シリーズ」
「戦記シリーズ」


当然プラットホームであるハード、
そして
登場作品、システム、シナリオ、モビルスーツ、キャラクター、
そういった要素「全体で」見て

そしてさらにシリーズ物なら
「ここが重要ポイント!」と呼べるものがそれぞれあるのですがそこがどうなっているのか?

こういった部分の見極めで

5万クラス、
10万クラス、
20万クラス

とアタリを付けて行くことが出来るのですけどね、


当然発売後の評価なんか判りませんがそれでも
「自分の店で捌ききれないほど入れすぎる」ってことはなくなります。



ガンダムゲーム

「捌きし物」

になるか

「裁かれし者」

になるか?


仕入れの「騎士」になるには厳しい。