magi











ちょっと前のコメント欄で
SWITCHソフトの売れ方が
ファースト8割以上


と話題になっていましたがこれに関しては

逆に8割占めているからこその驚異の普及率

だと感じました。


当然の事ながら今、SWITCHをぐいぐい牽引しているソフトは

ゼルダの伝説BOW
マリオカート8DX
スプラトゥーン2
スーパーマリオオデッセイ

このラインナップだからこその200万台普及突破!
になっています。

実際本体と一緒に売れる組み合わせですからね。


例えば
発売日から現在(12月)まで発売されたファーストタイトルは
ゼルダの伝説BOW!
マリオカート8DX!
ARMS

のみ!
と、なっていたらどうだったでしょう?

SWITCHオンリーのサードソフトのボンバーマン、
3DSマルチのモンスターハンタークロスの注目度が多少上がるでしょうか?

でも、今のような(SWITCHの)売れ方は絶対にしていないと思います

結局、これらのソフトでは「ハードを引っ張っていくには弱い」



ちょいちょい
PS4と普及の早さを比較しているのを見かけますが

PS4が登場した時はPS3が現役バリバリ、
しかも任天堂ソフトに匹敵するファーストソフトがない

今のSWITCHと真逆の状態、スタートダッシュが出来る訳がない。





なのでこのファースト率、
現在のSWITCHの人気っぷりをみればなんの不思議もありません。






ただ・・・・・
任天堂ファーストでハードを買われた方にサードソフトを認知させるのは
生半可ではありません、

絶対的なネームバリュー
みんなが知っている、やっている、環境がいかに作れるか?

来年はサードメーカー様の腕の見せ所ですな。