おちゃ



















シュタインズゲートエリート
PS4版、SWI版どちらも1.3万!
消化率もほぼ同じ(60%~80%)ですので

シュタインズゲートファン(約三万人?)が特典やスタイルに合わせての購入
って感じですかね?

それで言えば

VITA版0.4本しか売れていないのは携帯機ポジションの終末を感じます。


SWI:ゼノブレイド2 黄金の国イーラは0.5万、
国内18万本販売のRPGの追加ディスクとは思えない販売数です。
実際DL版で買った方が断然お得なのですがそれを差し引いても予想を
下回る販売数だったのは消化率(20%~40%)が物語っていますね。

こればっかりは「前作の販売実績」で発注をしないといけない小売りの
悲しいサガとしか言いようがありません。

もう一つの発注参考、「予約」も発注の大きな目安なのですが
最初からワシワシ予約が入るゲームなんて滅多にないですからね・・・

単品起動できますし、価格も安いのが救いかもしれないですが
コッテコテの和RPG、ジワ売れ・・・・・・するのでしょうか?


同じく和RPGのアトリエシリーズリマスターはSP-BOX以外が圏外、
PSユーザーは怒涛の月末ラッシュなので仕方ないとは思いますが
SWITCHの未プレイユーザーには響かなかったようですね。


まぁ・・・・・嵐の前の静けさなので仕方ありませんが
2位以降販売数1万本ラインの寂しいランキングとなっています。

あと、気になったのがラボVOL.3が0.5万、総1.7万、(消化率20~40変わらず)

マジでマリオカート対応とかスターフォックスとか専用ソフトが出ないと厳しいかもしれない。