にゃんこ














サードタイトルネタが出た所で

PS4とSWITCHではユーザー層に大きく差があるので
そりゃソフトの売れ方にも差が出ます。

じゃ、SWITCH買った子供さんは
任天堂ファーストしか遊ばないのか?って話ですが
そんなことはありません。

ただリサーチ取ったり、発注のデーターを見ていると
あまりゲームサイトの週販ランキングに反映されない理由
ってのは何となくわかります


任天堂ファーストと一緒に本体買いました!
次に選ばれるタイトルは・・・・・・


マインクラフト
これはハードと一緒の購入候補でもあったのですが
マイクラセットの本体がいまだに残っている店があるのでやっぱり
次点タイトルですね

フォートナイト
やっぱりこれ、もうこればっかりやっているっていうパパさんの声は本当に
良く聞きます。そりゃ2本目のゲームが売れ辛い・・・・・



にゃんこ大戦争
そして店頭で聞かれるナンバーワンがこれ!
以前はヒューマンフォールフラット(よゐこ命名ふにゃべぇ)であったり
他、インディーズタイトルだったのですが最近はこのにゃんこ大戦争を聞かれるケースが
多い!

2本目のソフトが売れないのではなくランキングに反映されにくいタイトルが
流行っている


こういった所ではないでしょうか?


もちろんマルチタイトルの購入層は「プレイスタイルを使い分けるコアユーザー」なので
普通に売れます。


ただSWITCHの専用タイトルで子供さんにターゲットを絞ったタイトルが
イマイチ販売数に乗らないのは

この三本が不動の位置に立ってるからではないでしょうか?