ドプちゃん






























ってことでタイトル判ってて楽しみにしているソフト

もう、タイトル買いってやつですね

そんな楽しみにしているソフトをどれくらい楽しみにしているか?
なんで楽しみにしているか?を語る記事




・R-TYPE FINAL 2
まさかの横シューが復活!ってのが大きい。

1980年代のゲーセン時代、私がゲームにハマったのはまさに「シューティングゲーム」から!
ファミコンの購入ソフトもシューティング多目でした。
ただやはりゲームセンターとファミコンの差は歴然、R-TYPEがリリースされた頃は
ゲーセンに入り浸り、当然PCエンジン版も購入!それこそアホほどやったゲームです。

ただシリーズずっとやっていた訳ではなくてクソ難しくなったⅡ、
フォースがなくなったreoはそこまでハマりませんでした。
(それ以上にラストリゾートにハマってたんですがw)

スーパーファミコン版のスーパーR-TYPE(2ベースのオリジナル)もちょろっとやった程度でしたが
家庭用オリジナルタイトル、R-TYPEⅢでR-TYPE熱が復活、
その後のR-TYPEデルタ、そしてFINALも当然購入、
ただ、この時期になると弾幕系シューティングが
幅を利かせていて横シューティングというジャンル自体がもう風前の灯でした。

「シューティングとしては最後の作品!」

こう銘打たれたR-TYPE FINALは
「あぁ・・・・本当にもう最終作なんだろうなぁ・・・・・」と心底思いました。

そんな経緯で自分の中でも
「シューティングとしてのR-TYPEの新作はない!」と、
気持ちの整理をつけていた分、
「R-TYPE FINAL2製作決定!」のニュースは、はっ?えっ!?となりました。

まさか、オープンワールドゲームやPvEやPvP、3Dアクションといった作品が
現在の据え置き市場の主戦力の現在、
インディーズ作品で細々と展開しているレベルの横スクロールシューティングというジャンルで
往年のシリーズが復活!このニュースは心が躍りました(笑

もちろん雑誌やインターネットの九条一馬氏のインタビューを拝見していると
一筋縄ではいかなさそうなのも伝わってきています。

メーカー様がツイッターでプラットホームアンケートをとった時は
「一機種で注力してくれー、PS4クラウドファンディングに参加させてもらうから~」
とも正直思いました。
ただそれは「所詮一人のわがまま」でしかありません。
どのような展開にするのかはグランゼーラ様次第、

「待ち望んでいた」R-TYPEが帰ってくるのを心待ちにするだけです。



・デスストランディング
そしてこれ!小島秀夫監督作品はスナッチャー(PCエンジンSCD)から入門。
監督の作る(SFの)世界観はその時点でもう刺さりまくり。
当然ポリスノーツも購入、3DO版を!!w
だってPCの次にリリースされたのコレでしたからw
監督のSF設定でなにが好きかっていうと設定がメチャメチャ細かいんですよね。
ポリスノーツで言えばスペースコロニーの生活による宇宙線の被爆問題、麻薬、
そして臓器密売。
登場人物の役割もしっかりしていて本当に映画を見ているような感覚で
話が楽しめる。

その後はメタルギアソリッドを数年にわたって展開、
テーマとなる核戦争、ジーン(遺伝子)を軸に6作(Ⅰ、Ⅱ、Ⅲ、PW、Ⅳ、Ⅴ)に渡って
楽しませていただきました。

流石にボクらの太陽には手を出していませんがw

で、デスストランディング、
「メタルギアの小島監督」
だから楽しみなのではなくて

「小島監督の世界観のSF」だから楽しみなのです。
それは「スナッチャー」を終らせて「ポリスノーツ」の情報をニヤニヤしながら集めていた
頃の感覚。

もちろんメタルギアソリッドも好きでしたが、逆にスネークの物語ばかりやってきたので
サム・ポーター・ブリッジズの物語がどんなものになるのかも、小出しに出される
情報を見てはいろいろ期待が膨らんでいます。

ジャンルもさっぱり分かりませんがそこはそれ、


スナッチャー、ポリスノーツのテキストアドベンチャーでもあれだけ面白かったし
隠れて進む3Dアクションになったメタルギアソリッドは
「なんだよ、アドベンチャーじゃないやん!」とはちっとも思いませんでしたし
逆にステルスゲームの面白さに気付かせてくれましたからね。

デスストランディングも「おお!」と言わせてくれるシステムに仕上がっていると思います。



・・・・・・
1700文字超か・・・・・・筆乗りすぎだろw