Google Stadia






















遂にお目見え!Google Stadia!
色々と詳しい情報が公開された模様


気になるサービス開始は今年2019年11月に、日本を含まない世界14か国から。
価格は定額遊び放題で4K HDR 60fps映像・5.1ch音声対応プランのStadia Proが月9.99ドル。
そのほか2020年以降には、タイトルごとに購入すればそのゲームだけ遊べる
買い切り(1080p 30fps映像・2ch音声に制限)も提供します。

ほほー、月々約1000円ですか。

周辺機器としては
低遅延で遊べるStadiaコントローラひとつ(単品69ドル)、
テレビで遊ぶためのChromecast Ultra (4K HDR対応, 59ドル)、

といった物も登場、コントローラー7000円、ハード6000円と言ったところですか

もちろんスマホタブレット、PCであれば本体は必要なさそうですが、

気になる必要なネットワーク帯域は、
最低限の720p映像で遊ぶために10Mbps以上。
1080p HDR 5.1chサラウンド
で20Mbps、
4Kには30Mbps~ と言った所、当然ですがパフォーマンスを求めれば求めるほど
より大きな通信速度がひつようになります。

発表した時はゲームの歴史が変わる位と思いましたが
実際は国内でのサービスは未定と言う事もあって

まだそこまでではないですね、なんだろう?
洋ゲーメインなラインナップからX-BOXがクラウド配信始めますよ!
に近い感情かも。

やっぱり国内メーカーが何処まで参入するかでしょうね~
任天堂やSIEゲームまでカバーできるならまさしく統一機なんでしょうけどね。