WII






















Wiiの修理受け付け終了に伴いその功績を振り返る記事が公開されました、
こちらの記事を読みながら
当時のゲームショップの状況も振り返りたいと思います。

2006年12月2日に発売されたWiiですが、発売前の下馬評はよろしくありませんでした。

どちらかと言うと当時はDSの脳トレブーム、その後に続くDSブームが凄すぎて
新型機種に関心が向いていなかったように感じます。
もちろんそれを補って余りあるDSブームはWiiの「新しい遊び方」のワードにも結び付き
瞬く間に広まっていきます。
特にWiiスポーツのブームは凄かった。
「据え置き機でも新しい遊び方」の波は凄まじくゼルダの伝説(トワプリ)の人気が
霞んで見えたほどである。



さらに興奮するあまり、Wiiリモコンを強く振り回しすぎて投げてしまい、運悪くテレビ画面に直撃する人が続出したことも話題なりました。

ありましたねーw
「とにかくストラップ必須!!」な注意事項はゲーム屋の販促物にも沢山届きました。


 昔、ゲーム店の取材時に店員から聞いた話があります。ある老紳士がWiiリモコンのみを握りしめて「CMでやっている“ファミコン”はこれかね?」とレジに来たそうです。“ファミコン”がWiiを指すことを理解した店員は、リモコンは売っていても肝心のゲーム機が売り切れであると告げ、合わせてゲーム機本体以外にソフトが必要なことを説明しました。ですが老紳士は、テレビで見るWiiリモコンが手元にあるのに、ゲームができないことを理解できず「なぜ?」と食い下がったそうです。本当の意味で新規ユーザーを取り込むというのは、消費者がゲームの知識がない前提に立つ必要があることを教えてくれたわけです。

ありましたねぇw
流石にこのケースはレアですが、
「コントローラーを振っても認識しない」
「繋げ方が判らない」
といった感じの問い合わせはしょっちゅうでした。


そしてWii本体発売の約1年後に出た健康ゲーム「Wii Fit 」は、女性が強い興味を示しました。

Fitの女性人気はホント凄かった。
今のリングフィットブームの3倍位、女性のお客さん
の問い合わせがありましたよw

◇任天堂一強が弱点になる皮肉

これは本文を読んで下さいね。

実際、Wiiがその後の任天堂据え置きハードの行く末を決めたのは間違いないと思います。

その次に出たWii-UはWiiとの差別化が上手く伝わってなく、
「Wiiと何処が違うの?」とか
「このゲーム、Wiiで動く?」と、いいながら「Wii-U専用ソフト」を持ってこられる
お客さんも多かった。

Wiiと何処が違うの?
この言葉にWii-Uがイマイチ普及しなかった理由が集約されていると思います。

いわゆる「ファミリー層」の獲得でWiiはPSハードよりも更に大きな市場が
作られたのですが、その層は本文にもある
(強みが)弱点にすり替わるのがビジネスの怖いところ。


そして大きく形を変えたSWITCHはWiiのファミリー層の獲得に成功。
ただソフトの売れ方はやはり「任天堂」タイトルに偏りがちなのは
Wiiの頃と変わっていない。

もちろんファミリー向けゲームにノウハウのあるメーカー様もヒットを飛ばしていますが
SWITCHソフト全体の規模としては決算報告を見ると全体の約20%となっています。


実際ゲーム屋としては売れるゲームの予想がつけやすい方が発注はやりやすいので
ファーストタイトルが売れる事自体はぜんぜん問題に感じないのですが
業界で言えばそうでもない。
その後、任天堂の発表会に足を運ぶと、他のゲーム会社の出すソフトへの売れ行きに配慮する発言が目につくようになりました。

と、書かれている通り、ゲーム業界、やっぱり「サードタイトル」の売れ行きが
重要なんでしょうね。