おたよりコーナー


















いただいたコメントですが・・・・

ソニーは価格変更の前日に1万円の値下げ連絡が突然来て現場は混乱
何の保証もしてくれないため店頭在庫全て1万円引きで大赤字
正規取扱店でこのやり方でした
誠実なメーカーとは思ったことはありません


これについては事実と全く違うコメントなので
ネタにさせていただきます。

SIEと正規の契約を結んでいる店の店員ならこれが全くの出鱈目と言うのが一発で判ります。


PSハードに関しても、まずハード出荷制限がかかり商品が入ってこなくなります。
ほぼ同じ時期にメーカー様より値下げの通達。
この時期も少なくとも前日とか一週間前とかそんな急なことはありません。

そして数週間後、値下げが正式にアナウンスされる頃にはお店には
ハードが並んでいることはありません。もし売れ残ってたらバックストックに
いれてお客さんの目に入らなくしているず。
補填についてはお店とメーカー様の問題なのでここでは書きません

まぁ・・・中古ハードに関しては当てはまりませんが

なので少なくともハードの値下げで赤字になることはないはず、新型機種の発売&値下げでも
同様です。

メーカーと直接契約せずに三次卸問屋から卸している所だったらそんなことあるかもですが・・
三次卸問屋って今あるんですか?




もう一つよくコメント欄で見かけるので・・・・

PS4はソフトが売れない云々・・・・
ハッキリ言ってソフトの売上で売れてるか売れてないかの判断はメーカー様がすることです。

3万本しか売れてなくても予定販売本数を大きく上回り続編の製作が決定する物もあれば
10万本売れても製作費(広告費含む)がぜんぜん回収できてなくてメーカーとしては赤字・・

これについてはメーカー様しか判らない事ですが・・・・


まぁ・・・むかーしネタにしたこともありますがこの「販売指数」が
ゲームのリリースに大きな影響を与えます。

もしPS4でゲームが売れていないなら
なぜPS5が発表されているのにPS4のリリースが続くのでしょう?
なぜマルチタイトルでPS4が外れないのでしょう?

ユーザーとして一番大事なのはゲームの売上ではなく、
持っているハードで遊びたいゲームがリリースされるか?じゃないでしょうか?