GODゲームと言っても神ゲーではありません

good old days ‐‐‐ 古きよき時代

私が昔ぁ~しに買った思い出深いソフトを紹介しようというコラムです。

今回の紹介ゲームはこちら

img204




















PCエンジンCDROM2
コズミックファンタジー2・冒険少年バン
日本テレネット(レーザーソフト)
1991年発売

名作を紹介したら迷作も紹介しなさいとお告げをいただいたので、困った時の迷作安打装置
レーザーソフトよりチョイス。


その名も

コズミックファンタジー

その2作目です。なんで2作目なのか?
それはシリーズを通して一番ストーリーが好きだからです!

あらすじの前にコズミックファンタジーを紹介しておくと「コズミックハンター」と呼ばれる
宇宙警備隊と宇宙海賊との戦いのお話を描いたSF-RPG、まぁ1と2は辺境惑星が舞台なので
よくある中世RPGっぽかったですが、3や4はかなりSF色が強い作品になっています。

で、2のあらすじは宇宙開拓の手が進んでいない辺境惑星イデア、とある田舎町で
主人公のバンと幼馴染のラーラが平和に暮らしていたのですが、ある日町が
魔導士ガラムに襲われラーラが連れ去られてしまう!
実はラーラはイデア王家の直系の姫であり、彼女と結ばれるものは大いなる力を
手にすることができるのだっ!
テテーン!!

img205












そんなこんなでラーラを助けるためにバンを鍛えてあげるのですが

迷作安打装置レーザーソフトの真骨頂!
微妙なゲームシステムが足を引っ張ってくれます!

1・PCエンジンとは思えない微妙なグラフィック!!
 どうやらビジュアルシーンに全てをつぎ込んでるみたいです

2・精神を蝕む異常なエンカウント率!
 読み込みに関しては画面切り替えを行わないなどちょっとは考えられているのですが
 PCM(内臓)音源を使ってなかったので結局読み込みが入るっていうもうね・・・・

3・レベルが低くても物理で殴れ!(敵が)戦略性ゼロの戦闘シーン
 なぜか敵が一切の特殊攻撃(魔法含む)を仕掛けてきません。魔法使いっぽい敵も
 ドラゴンぽいのも鍛え上げた拳で殴りかかってきます。
 でもなぜか存在する魔法封じ等の特殊魔法。謎だ。

バンのレベルアップよりプレイヤーの徳が上がる頃にガラムと対面!

CF3













「ラーラはすでに私のものだということだよ!」

と、ドヤ顔で言い放つガラム

当時純真無垢な私には何のことか判りませんでしたが・・・

CF2










どうやら、あんなことや

CF1













こんなことがあったみたいですね。

CF4













それでこんな表情だったのかと数年後に納得。


精神的にも肉体的にもボコボコにされたバンはガラムの魔術で20年後の世界に
飛ばされます。

そしてここからが主要キャラが揃うコズミックファンタジー2本編の始まりなのです!

ゲーム部分は当時でもかなり酷かったですがやはりキャラ人気は高く
PCエンジンFAN(徳間書店)のバックアップでデカデカと特集が
組まれていたり
関連商品はコミカライズ、OVA、を発売

ゲームもナンバリング4まで制作、メガCD版まで発売された大人気シリーズになっています。

その後発売されたコズミックファンタジー3はスーパーCD-ROM2になりかなり「あそべる」
モノにはなっています。で、最終章4の突入編、激闘編の2作が発売されます。

結局全シリーズ購入しています。
全シリーズ中、ストーリーで2が一番好きと書きましたが決して

NTR物が好きなわけではありませんよ!

シリーズ通して勧善懲悪ハッピーエンドが多いこの作品
2はゲーム開始からエンドロールに流れる歌まで一貫してもの悲しさがあるんですよ。

CF5



















ガラムとの最終決戦の前にラーラと再開シーンがあるのですが
この笑顔の意味するものは・・・・


感動のエンディングはその目で確かめてくれ!!








追記、毎週土曜日更新しているこのコラムですが26回分まで紹介ソフトの予定は
できているのですが、気がつくと毎回1500文字を超えるコラムになってしまい、
いつか毎週更新ができなくなりそうなので不定期連載にしようかと思います。
こんなしょっぱいアクセスのサイトのコラムなんて楽しみにされている方が
いるとは思えないですが、事前報告させていただきます。