frame-1



















当ブログでお馴染みだめお様のグラフ記事、第二弾です


2017年度版!

ハード販売グラフ!!

OIDvYBk















参考データで去年頂いていた2016年度のデータと合わせてみてみましょう。


9eiVNlz
















やはり圧倒的にSWITCHがすごい!
345万台!!任天堂据え置き機として見れば久々に話題騒然の一年でした

ここまで普及すればWii-Uの様な事にはならないと思いますしあとは
これからどんな展開をしていくかですね、

PS4も大きく売れてるかと思いきや

今年も200万台前後です、
ドラクエ、
モンハンと2大キラーが発売されていたんですがこれはチョット意外でした。
こうしてみるとSIEは一年通しての国内出荷数、200万なんですかね?(笑


ただ携帯機のパワーダウンは一目瞭然、

2DS、3DSが 2,042,882から1,447,560(2017年度)
VITAに関しては695,331(2016年度)から251,998(2017年度)と

大幅に減っています。そろそろ世代交代も見えてくる時期なので当然ですが
後継機の情報はなくこのまま衰退して行ってしまうのか・・・



お次はソフト編


jOdMHGp















参考に2016年度
53Vk2gg














そしてコメント欄に頂いた

PS4 950万本→1130万本(+18%)
PS3 110万本→17万本
Vita 400万本→160万本(-60%)
Switch 67万→920万本
WiiU 160万本→30万本
3DS 1600万本→1000万本(-38%)




2017年度はまさに三つ巴!って感じですね

3DSもソフトはポケモン、妖怪等の人気シリーズでまだまだ存在感をアピール・・・・・
ですが、
任天堂のSWITCHに主軸を向けたラインナップ、サードメーカーも大きなタイトルの
投入が無ければ、2018年度は一気に縮小することでしょう。

VITAも同じですね。マルチからはずれることも増えシリーズ物、
(コンパイルハート等の)新作タイトルも減った今、残された道は・・・


だがしかし据え置き機は好調で

SWITCHの快進撃はもちろんPS4も大幅アップ!!

「18%の何処が大幅アップ?」

って聞こえてきそうですがこのデータ、DL販売の部分は集計されていません
もちろんDL販売本数は公開されている訳ではないのですが

ドラゴンクエスト11の発表
モンスターハンターワールドの発表
そして先日ニュースにしたばかりの
ファークライ5の発表

どれもDL版は好調!との発表です

モンハンはパッケージ版130万本に対しDL版含めると200万本超えか?
https://www.famitsu.com/news/201802/05151142.html
と言われていましたし

ファークライに対しては
パッケージ7.5万本に対しUBIは12万本販売の公式発表

ここで重要なのはDL版の比率

もちろん小売りで売り切れてたからDL版が売れたという要素はあると思いますが
それ以前にPS4でのDL販売はかなり一般化してるのではないでしょうか?

仮で1130本のパッケージ販売数に対し
DL率 40%=450万本UP =1580
DL率 30%=340万本UP =1470
DL率 20%=220万本UP =1350(万本)


大幅アップですね

まー、10%って事はないと思います。それくらいPS4ソフト
DLで購入する方は増えている感じはありますので。



でも、DL版の販売は小売にはカンケー無いんですけどね・・・・・・・