今週のランキングは、先週トップのPS4用ソフト
『Marvel’s Spider-Man』が2週連続で1位を獲得。
今週は推定7.4万本を売り上げ、累計販売数を20.2万本まで伸ばした。


0910ソフト





















※提供、だめお様

今週もスパイダー、トゥーム、と洋ゲー勢が売れており、グラフの割合にも
表れています。新作も多く、9月はPSのターンとは言われてますがホント、判り易いw

まぁ、それを言うなら「定番」だけで約9万本も売れるSWITCHソフトも凄いんですけどねw



LABOに関しては・・・



2018年4月に新規ユーザーの獲得を狙い発売されたが、
01が21万本、
02が5万本、
今週の『Nintendo Labo Toy-Con 03: Drive Kit』が1万本、
シリーズ3作で27万本となっている。

 今の市場においてオリジナルで20万本超ヒットは立派と言えるが、
本シリーズの発売で新規ユーザーを獲得し、
Nintendo Switch市場の大きな拡大を狙っていた任天堂にとっては、
予想以上に苦戦していると言えよう。

と書かれています。

これは今までの「脳トレブーム」
「トモコレブーム」のDSで、

「Wii-FIT」のWiiで見られた

「新しい層の獲得」と言った目的から見れば苦戦、という意味でしょうね。

「工作タイプのアイテムとTVゲームの融合」により
おそらく今までの層とは別の「家族で一緒に作って遊ぶ」層の獲得、

流石に脳トレの様な全くゲームに触っていなかった層までの獲得は無理でしょうが
「Wii-FIT」のように「健康とゲームの融合で女性層も家庭用TVゲーム」といった
今までフォローできていなかった層に
「本体と一緒に買っていただいて新しいブームを作る」

のが目的だったのではないでしょうか?

LABOは27万も売れていますが
「任天堂ファンのファミリー層」以上の獲得目的、
「知育アイテムとして新しいジャンル」

があったのかもしれませんね。

ただ03のハンドルコントローラーはゲームソフト側で対応可能の拡張性がありますので
「知育アイテム」だけでなくゲームコントローラーとして売れる部分はありそうです。






ハードについては

0910ハード

























SWITCH4万、PS4、2万の平行線です。
先々週、スパイダー本体が販売開始した先週、
そして今週も大きな動きな動きは見られませんね、