毎度おなじみだめお様提供のグラフ記事です。

電撃週刊ランキング
と合わせて見て行きましょう。


無双オロチ3>
販売実績は推定14.0万本(内訳:PS4版……11.2万本、Switch版……2.8万本)。
2011年に発売された前作のPS3/Xbox 360用ソフト『無双OROCHI2』の初週実績20.9万本
(累計40.4万本)にはおよばなかったが、PS4版は店頭消化率が90%前後に達し、
週末には品薄になるなど非常に活発な出足を見せた。

前作が2011年と考えると販売数のダウンは致し方なしとも取れます。
DL販売も一般的になっていますし、今はコア方面のゲームは洋ゲーの選択が
昔よりぜんぜん増えていますからね。

それでも14万本を叩き出したのは素直に凄い!と思います。


>閃の軌跡Ⅳ
シリーズ完結編となる本作の販売実績は推定11.0万本と、
前作のPS4用ソフト『英雄伝説 閃の軌跡III』の初週実績9.3万本(累計12.5万本)を上回ると同時に、店頭消化率も80%前後に達するなど順調なスタート

こちらも週末切らしていた所が多かったと聞きます。
閃の軌跡は完全初動タイプですので今後の販売数もわりと予想付きますね。



でそんな新作が大きく売れた週のグラフがこちら

0924ソフト




















オロチ、閃Ⅳ以外にも新作タイトル、スパイダーマンなどの定番がワシワシ売れたので
PS4タイトルが38万本と大きくなっています。

SWITCHもマルチタイトル含め独占タイトルもあり、
先週の11万からは増えているのですがその数8万、


0917ソフト








先週グラフ




ハードに関してはまぁ、いつも通りの売れ方と言ったところかな?
0924ハード





















一つ言えるのは今週はもうPS4-PROは「ほぼ」売れないでしょうね~
あとはPS4-1Tモデルも・・・・・・スペックにあんな差があるのに
価格5000円しか違わないなんて・・・

お店としてはこの1Tモデルの在庫に関してもなにか欲しい所!!
・・・・・ちなみにうちにはありませんがw



続いて9月販売グラフ

9月ソフト














最終週のラッシュが効いたのでPS4は95万本とかなり売れました。

週販売れ方グラフ





9月ソフト棒













こんな感じ、

ガチ定番があるSWITCHは新作なくとも週販は安定、
PS4は新作に左右されて売れ方に大きな差が出てるのがこのグラフからも見てとれます。






続いてハード

9月ハード























SWITCH16万台と安定しています

9月ハード棒
















売れ方としては10月もあんま変わらないんじゃないかな?
11月からまた伸びてきそうではありますw




で、上半期が終わった所で、電撃、
上半期(集計期間:4月2日~9月30日)のゲーム市場は、
前年度に比べて数量でハードが32.9%減の194万台、
ソフトが27.4%減の970万本と両市場とも大きく縮小。

まぁ・・・・
ドラクエ11、スプラトゥーン2だけでもソートーなもんでしたからね・・・・


上半期のランキングを見ても、トップは前年度に発売された
Nintendo Switch用ソフト『スプラトゥーン2』で販売実績は42万本。
以下、2位マリオテニス エース35万本、
3位マインクラフト33万本、
4位マリオカート8 DX29万本、
5位星のカービィ スターアライズ27万本、
とNintendo Switch用ソフトが上位を独占したが、
50万本以上売れたソフトが1本もない寂しい状況。

その結果、金額ではハードが26.9%減の566億円、
ソフトが25.6%減の614億円、全体では26.2%減の1,180億円と大きく縮小。

前年度、キラータイトルの発売で10年振りに拡大した市場は、2016年度規模に逆戻りした形だ。10月期以降の巻き返しに期待したい。






ホント、マジヤバイ。