ワククラ



















WORK×WORKとCRYSTAR

この10月に発売される(た)この二本のRPG、
パッと見た目の雰囲気が全く違う作品ですが、
とある共通点があります。

どちらも新規作品でフリュー様の作品という事



この2本、並べると面白いですよね。


ワークワークは
一見すると某マザーっぽいドット絵(の3Dモデリング)とイメージカラー、「赤」
イメージイラストの露出はほどほどに

マザー3、聖剣伝説、等を手掛けた今川 伸浩氏(グラフィック)
同じくマザー3、聖剣、ライブアライブの 井上 信行氏(シナリオ)
女神転生、ダンジョンエクスプローラーの増子 津可燦氏(音楽)
ファンタジーライフ、かまいたちの夜2の山根 敬洋氏(ディレクター)

数々の名作を生み出してきたレジェンドスタッフたちが贈る、ワクワクRPG

とスタッフ全面押しの告知。




クライスタは今までのPSソフトの販促展開に倣って、

キャラ全面押し出しつつ興味を持ってくれた方には・・・

涙に意味を、与えてあげて――シナリオは(key作品one、moon、kanonの)久弥直樹氏、
OPアニメーション”シャフト”をはじめとした豪華クリエイター陣で贈るPS4完全新作!
泣いて戦うアクションRPG『CRYSTAR -クライスタ-』10/18発売予定!

といったビジュアル&シナリオ推し


ハードのユーザーを見据えた展開が見えてきます。



思うのですが、ワークワークはかつてのマザーのような幅広いターゲットを目指していたのでは
ないかと思います。

そう、まさに、某RPGキャッチコピー、大人も子供もおねーさんも、

マザー2














キムタク!


ただスタッフの代表作ががおっさんホイホイ過ぎて(笑
30~40代にしか響かなかった感じ?




これから発売されるクライスターは予約も頂いていますので
初週は狙った層にばっちり売れそうな雰囲気にはなってますね。




狙った層にいかに売るかは宣伝次第!というのがこの2本の作品で見えた出来事でした。