グラフ



























今週もだめおさまにグラフいただいたので
早速記事にしたいと思います

ソフト販売内訳

7P0MskB






















ハード販売内訳

Bi9ZbYP





















参照サイト


だめお様のコメント

今週はようやく年度末らしい売上になったようです。
PS4だけでなくスイッチのマルチもそこそこ売れた様子。


タイトル機種別販売数は

PS4が409807本
SWIが224377本

内、隻狼が16万本です

コメントで頂いていた通り今週はマルチタイトルが沢山発売されました
タイトル個別で見て行くと


2 - PS4 スーパーロボット大戦T バンダイナムコエンターテインメント 84,762
3 - Switch スーパーロボット大戦T バンダイナムコエンターテインメント 39,606


4 - PS4 ルルアのアトリエ ~アーランドの錬金術士4~ コーエーテクモゲームス 25,260
12 - Switch ルルアのアトリエ ~アーランドの錬金術士4~ コーエーテクモゲームス 11,933



5 - Switch チョコボの不思議なダンジョン エブリバディ! スクウェア・エニックス 23,594
7 - PS4 チョコボの不思議なダンジョン エブリバディ! スクウェア・エニックス 20,869


13 - PS4 DEAD OR ALIVE Xtreme 3 Scarlet コーエーテクモゲームス 11,582
18 - Switch DEAD OR ALIVE Xtreme 3 Scarlet コーエーテクモゲームス 6,027


と、こんな感じ、

こうやって見るとそれぞれのハードの役割が見えてくる?


スパロボで言えば「X」のPS4とVITAのマルチに似ていますが
ハッキリ言って「VITAの末期の頃」のデーターなので
参考値的にはちっと低いですね

「V」の初週は
PS4:10万
VITA:8万だったので

VITA持ちゲーマー層のSWITCH購入度はまだ低いと思われます


逆にチョコボはSWITCH版の方が売れています。
「ドラゴンクエストビルダーズⅡ」の販売数も同じような売れ方なので
「スクウェアエニックス様」のややライト層へ向けたタイトルならば
普及台数の恩恵も見られる売れ方になってるのでは、
と、思います。


小売の仕入れ担当さん的には
今後の発売タイトルの参考値としてはとても役に立つデータに
なったのではないでしょうか



今後のマルチタイトルの予定としては

すでに発注の終っている

4/18 PS4 ラングリッサーⅠ&Ⅱ 限定版
4/18 SWI ラングリッサーⅠ&Ⅱ 限定版
4/18 PS4 ラングリッサーⅠ&Ⅱ 通常版
4/18 SWI ラングリッサーⅠ&Ⅱ 通常版

4/25 PS4 殺人探偵ジャック・ザ・リッパー
4/25 SWI 殺人探偵ジャック・ザ・リッパー

4/25 PS4 スターリンク バトル・フォー・アトラス スターターパック
4/25 SWI スターリンク バトル・フォー・アトラス スターターパック

5/30 PS4 じんるいのみなさまへ
5/30 SWI じんるいのみなさまへ

5/21 PS4 チームソニックレーシング
5/21 SWI チームソニックレーシング

という感じなのですがw



これから発注が来る6月以降のタイトルの参考にしてもいいデータが取れたと思いますw