sakura (1)

























コメント欄で
新・サクラ大戦どれ位売れそう?

ってのを頂きました。
正直、十数年ぶりにリブートした作品の発表直後、
「何万本売れそう?」なネタはゲーム屋ブログとしては野暮この上ないのですが、
まぁ、ゲームをメーカー様から一番最初に「買う」のはゲーム屋ですからね。
ここはひとつ発注で培った「商品の何処を見ているか?」ってのも踏まえてそっち方面で
切り口を変えるとゲーム屋らしいネタになるかな?、
と思い、あえてネタにさせていただきます。



セガ様的にこれからの販促展開のヒントに繋がればとも思いますので、



まずゲームタイトルには
「タイトル」だけで売れる期待値の本数が決まっています。

~シリーズってやつですね。

だから会社の看板を背負うタイトルになればなるほどメーカー様も中途半端な物は
出せません。
もし変な物を出そう物ならそれまで培ってきた「ネームブランド」は簡単に壊れてしまいますからね。
そういったタイトル、皆様も沢山見てきたと思います。





ちなみにサクラ大戦シリーズで言えば

SS     サクラ大戦 1996/9/27発売 35万本
SS     サクラ大戦2 ~君、死にたもうことなかれ~ 1998/4/4発売  50万本
DC     サクラ大戦3 ~巴里は燃えているか~ 2001/3/22発売  30万本
DC     サクラ大戦4 ~恋せよ乙女~ 2002/3/21発売  25万本
PS2    サクラ大戦 ~熱き血潮に~ 2003/2/27発売  23万本
PS2    サクラ大戦V ~さらば愛しき人よ~ 2005/7/7発売 14万本

と、今の基準で見るとものすごい販売数です・・・・・
が、ハッキリ言ってコレは発注の参考になりません。
時代が違いすぎます。
まぁ、あえて参考値にするとすればどれくらいのファンがいたか?
ってところでしょうか?

インターネットの情報社会、こういった「アニメファンを意識した」ゲームは長期販売ではなく
どれだけ予約を取れるか、発売初週でどこまで売るか?の、タイトルだと思っています。
もちろん「ペルソナ5」のよう口コミで売れ続ける可能性もありますが。

第一報で私の中に出来上がったイメージは、RPGではなく龍が如くのアクションアドベンチャー
、売れ方はコレに近くなるかな?とは、思っています。
あくまで現時点の情報量による印象です。


セガ様的には
音楽の田中公平さん、メカデザインの明貴美加さん以外は
キャラデザイン、シナリオを変え新しいユーザーの獲得も目指していると思いますので
あえてリブート(再起動)と銘打ってると思いますので
新規層の獲得も目指していると思います、
ただ、この「新規層の獲得」は従来のファンを捕まえるよりさらに難しいので、
新・サクラ大戦では今まで以上の販促が必要になるかもしれません。

まずはファン層の琴線に触れる販促展開が効果的かもしれないですね。

その後の花組がどうしているかとか?
久保帯人先生の「絵」としてのさくら達、新生花組の紹介とか、
キャラ一人一人にスポットを当て個々のキャラ魅力を紹介するPVとか、
加山が実は重要ポストだとか、千葉助再登場とか、

そして新規層へのアピールは

もういっそのことサクラ大戦1&2をフリープレイで遊んでもらってもいいかも
このクオリティーなら今でも全然遊べると思います

わざわざ移植するのはまた大変なのでなにかいい方法ないですかね?
やっぱPSP版1&2のリマスター版発売が一番現実的ですが
それだと「買ってもらわないと」ダメですし



まず、興味をいかに持ってもらうかが重要かと、


発売はまだまだ先だと思いますので

ファンの気持ちを高ぶらせつつ

sakura





























過去作に触れる機会を作って欲しいです!



やはり久々に復活したシリーズといえば同じくセガ様の戦場のヴァルキュリアがあるのですが

PS3 戦場のヴァルキュリア    2008/4/24発売 約16万本   
PSP 戦場のヴァルキュリア2    2010/1/21発売 約16万本   
PSP 戦場のヴァルキュリア3    2011/1/27発売 約15万本
PS4 戦場のヴァルキュリア・リマスター  2016/2/10    約3万本
PS4 蒼き革命のヴァルキュリア  2017/1/19    約6万本
PS4 戦場のヴァルキュリア4       2017/1/19    約7万本
switch版は割愛

こちらを参考にすると
パッケージラインは今の時点では7万~8万
でも、展開次第でさらに伸びるのは間違いありません。