isekai





















異世界おじさん、
第二話も飛ばしていておもろかったw

このタイトルってSEGAの全面協力なのでしょうね~
アニメのタイトルはもちろん
効果音までサターンの音源だしww

ちなみにマニアックすぎて判り辛い、伝わらないみたいな所がありそうなので

私が判った所だけ解説、補足していこうって記事ですw


1、「雑誌の読者投稿」
おじさんがフリマで購入した「サターンマガジン」で読者が選ぶ人気投票の
1位のゲーム、「某PCゲームの移植作」、
それは

eve1




































EVE・バーストエラー(イマジニア) 
元は18禁パソコンゲームの移植なのだが完成されたシナリオ、
二人の主人公の物語が複雑に絡み合うザッピングシステム、
そして超豪華声優のボイスと今遊んでも色あせないアドベンチャーゲーム。

このゲームでシナリオを書いた
「管野ひろゆき」さんの名前は一気に知れ渡りその名前は一つのブランドにもなった。
YUNO、デザイアといった移植作もかなりの高評価だった。


しかしなぜ確たる名作(アクション)を差し置いてアドベンチャーが一位なのか!?
販売本数は資料によれば

https://entamedata.web.fc2.com/hobby/game_rank_ss.html

当時19.4万本と、アドベンチャーとしてはメチャクチャ売れてはいるが・・・・


ちなみにこのゲームの主人公の一人、
天城小次郎を異世界おじさんの中の人の子安武人さんが演じています(笑




2、ガーディアンヒーローズ

おじさんが愛してやまない傑作タイトル「ガーディアンヒーローズ」
うちのブログの常連さんにも説明はいらなさそうだが、一応ざっくり説明しておくと

ゲームシステムはベルトスクロールアクション
だがRPGのようなキャラ成長システム、加えてウインドウにキャラの顔を表示させる
会話シーン、格闘ゲームのようなコマンド技を盛り込んだバトル、
といった「革新的」システムがふんだんに盛り込まれていた。

それまでの「ベルトスクロールアクション」は数知れずあったが、
ボタン連打でゴリゴリ進むいわゆる「力押し」ゲームシステムが主流の中で
彗星の如く現れた新進気鋭のゲームだったのである。
開発は有名なトレジャー

ちなみに今遊ぼうと思ったらなかなかにハードルが高いw
※DL版はXBOX360ぐらい。

アマ〇ンで中古で3000円前後だった。





第二話から登場した新キャラも可愛いなw
今後も楽しみな作品である。

ちなみにサターン絡みのネタで
めりお様から頂いたコメント

本気で選ぶセガサターンミニ収録タイトル予想2022夏
https://anond.hatelabo.jp/20220711063810

こんなのも先日話題になってましたね。
ただサターンは32bitCPUを2つ積んでいる仕様なのでエミュレーターが難しいとは聞きますので、
ミニが出るかどうかはわかりませんが

私は2018年にネタにしていましたw